すすめ北前船

北海道発のFM放送「チエンバリスト明楽みゆきの浪漫紀行」の「すすめ北前船」を瀬戸内海からFBとブログで発信しています

「すすめ北前船」第22回(北前船寄港地フォーラム2)

「すすめ北前船」第22回(北前船寄港地フォーラム2)

 

今回の「チエンバリスト明楽みゆきの浪漫紀行」の特別コーナ『進め!北前船』は、(第24回北前船寄港地フォーラムin坂井市三国湊)で7月27日放送のコメントを再構成したものです。

f:id:chopini:20180324162307j:plain

 前半は、北前船寄港地フォーラム企画の全国北前船研究交流セミナーを私が紹介しました。

 このセミナーは、日本遺産に登録された38市町の各ブロックから北前船の研究をされている方々の発表の場になりました。

 北海道ブロックの小樽商科大の高野宏康学術研究員は、北前船で北海道まで運ばれた若狭瓦を発見し、30センチ程の若狭瓦が南越前町に贈呈していました。
f:id:chopini:20180911125313j:image

この場面は翌朝NHKが報道されています。

 中国ブロックの尾道市の西井亨学芸員は、全国の寄港地に残されている「こま犬」等の石の石造物から尾道の足跡を探している話がありました。

 
f:id:chopini:20180911125922j:image
この話は、次のパネルディスカッションに繋がり、日本遺産審議委員の丁野明氏のコーディネーターで進行しました。
f:id:chopini:20180911164905j:image

 地元では、忘れられていた事が全国の寄港地には残されている例があり、これをデータベース化の提案をしたのが、作家で北前船研究者の加藤貞仁さんでした。

 加藤さんは、延べ80日かけ全国の北前船寄港地を写真家(鐙啓記氏)と納沙布岬等を取材し出版した経験からの提案だと感じました。

f:id:chopini:20180911165438j:image

 その後のレセプションで、加藤さんの『北前船 寄港地と交易の物語』で、坂越の北前船を紹介いて頂いていたので話が弾みました。
f:id:chopini:20180911124613j:image
 翌日のフォーラムの合間に、高野さんと前日のパネラー土屋周三さんのデータベースの具体的な話を北前コーヒーをみながら聴く事ができました。
f:id:chopini:20180911114659j:image


後半の『進め!北前船』のゲストは、
2日目のパネラーとして活発に発言をしていた坂井市観光連盟の大和久米登会長でした。
f:id:chopini:20180911114849j:image
(大連でのレセプションで)
大和会長は、このfm番組が始まった去年5月に出演していた事を大連の北前船寄港地フォーラムの時に知りました。

   大和さん経営の大和甘林堂は、300年近く前「大和丈助」が三国湊に出入り盛んな千石船(北前船)で持ち込まれた珍品砂糖にその原点があったとHPにありました。

f:id:chopini:20180911131153j:image

 三国湊は、北前船の時代以前から近江商人が活躍していた港町でその繁栄は、明治に入っても続き、北陸本線の鉄道開通の障害になったと。これで時間が止まりむかしの町並みが残ったと紹介しています。

  20年前、三国湊の歴史や文化遺産を生かした観光への取り組みでは、一時的な賑わいだったと。
 この危機感から三国湊の歴史を生かした「まち起こし」で、坂井市、商工会議所、観光連盟が三位一体となったのがわかりました。
f:id:chopini:20180911143719j:image
長岡駅での大和さんと坂井市の方々)

 大和さんの三国湊への想いが、多くの関係機関や企業等の協力を得られたと感じました。
 これが国土大臣賞、港町認定、日本遺産認定、北前船寄港地フォーラム開催へとつながりを熱く語っていました。

f:id:chopini:20180911142616j:image

 今後は、20万人がくる三国祭や三国節そして日本遺産認定をベースにて、全国に発信して行きたいと語っていました。
f:id:chopini:20180911142155j:image

 二日間のレセプションの最後で江差の木村香澄さんが、ソーラン節と江差追分を披露から、江差北前船寄港地フォーラムを懐かしく思いました。

 次回の「瀬戸内坂越の北前交流記26回江差ー奈良」は、全国北前船研究会発行の、『北前船にかかる論考考察集』の寄稿文から江差の横山家(北海道指定有形民俗文化財)を紹介します。

  協力して頂いたのは、奈良女子大学名誉教授で全国北前船研究会顧問の横山弘氏です。
f:id:chopini:20180912091610j:image

 
このFMの放送は、毎週金曜日14時から札幌しろいし局から放送されています。その後、ラジオ七尾を皮切りに北前船寄港地13局で放送されています。
  無料アプリ日本ラジオをダウンロードして頂ければ聴けます