『北前船浪漫紀行』

FM札幌しろいし局放送の「チエンバリスト明楽みゆきの浪漫紀行」の「すすめ北前船」をFBとブログで発信しています

すすめ北前船「北前船寄港地・船主集落の旅」第1回 兵庫津・ 洲本

北前船寄港地・船主集落の旅」第1回 兵庫津・ 洲本

兵庫津(神戸市)から高田誠司さん・工楽隆造さん、洲本市から高田耕作さんのFM番組「明楽みゆきの浪漫紀行」でのインタビューから紹介します。
f:id:chopini:20201215093211p:plain
 最初のゲスト、高田誠司さんは、兵庫津で江戸時代からある商家「樽屋五兵衛」の12代目で、協和商事の社長である。
f:id:chopini:20201215093118p:plain
(明楽みゆきさん 高田誠司さん)

2010年地元経営者らと「(一社)よみがえる兵庫津連絡協議会」を立ち上げ、会長として活躍されている。会の設立から10年、今年の総会では民間・行政・政治が一体となった取り組みを計画し「神戸ルネサンス構想」を打ち出している。
 
 また、150年以上も前の江戸時代の町衆から15の自治会を基盤に、「日本遺産の会」の地域活動が実を結び、2018年「北前船寄港地・船主集落」で、神戸では初めて日本遺産に認定された。これらの高田さんの活躍は、2020年11月1日の神戸新聞でも紹介された。 
 
兵庫津のほぼ中心部だった「大坂町奉行所兵庫勤番所跡」に、慶応4年(1868)に初代兵庫県庁が置かれた。ここに、令和3年度に初代兵庫県庁館(仮称)がオープンする。令和4年には、その隣に「ひょうごはじまり館(仮称)」の完成が予定されている。
 
f:id:chopini:20201215100839p:plain
復元されると、高田さん達にとって次なる飛躍となりそうだ。

「よみがえる兵庫津連絡協議会」の活動拠点である「岡方倶楽部」の岡方について、工楽隆造さんに伺った。
 江戸時代の後半兵庫津は、3つの行政区画に分かれその一つが岡方で惣会所も設けられていた。その跡地に昭和2年兵庫商人達の地域の社交場として建てられたのが、兵庫津歴史館 岡方倶楽部だった。
f:id:chopini:20201215100952p:plain

兵庫津には大坂奉行所が何故、ここにあったのか神戸市史から調べた。
 明和6年(1769)から尼崎藩領だった兵庫津は幕府領になり、大坂奉行の支配下に置かれていた。
 
 幕府の大坂重視の為に交易品の規制等がりで兵庫津の商人は苦労を強いられていた。 
 
 この頃から活躍したのが、兵庫津随一の廻船問屋北風荘右衛門らである。高砂出身の工楽松右衛門も廻船問屋の仲間入りを果たし、洲本出身の高田屋嘉兵衛も続いて活躍し兵庫津は更に繁栄した。

 工楽松右衛門、高田屋嘉兵衛は、神戸だけでなく出身地の高砂 洲本でも日本遺産構成文化財にそれぞれ登録された。
 
   f:id:chopini:20201215102110p:plain
明石城での北前船のイベント(筆者 金澤和夫兵庫県副知事 高田さん)


 次のゲスト工楽隆造さんは、工楽松右衛門の8代目で、高田さんと「よみがえる兵庫津連絡協議会」で活躍されている。
  
f:id:chopini:20201215102134p:plain
(前列左より)高田社長、浜田さん(高田屋嘉兵衛の縁者)、『お家さん』の著者玉岡かおるさん、工楽さん
f:id:chopini:20201215102601p:plain
工楽松右衛門の店があった佐比江(現在の猿田彦神社近く)
 
高砂出身の松右衛門は、15歳で志をもち兵庫津に行き船頭としての約25年の経験から「松右衛門帆布」を生み出している。
 
 当時の帆布は濡れると重く非効率だった。地元伝統の播州木綿を使い試行錯誤のうえ独特の織り方を工夫し、大きな和船に使える帆をこの兵庫津で完成させている。天明5(1785)年のことだった。
 
 その結果、より速くより遠くへ航行が可能になり、北前船が活躍する大きなきっかけとなった。
 工楽松右衛門は発明家でもあり帆布だけでなく、幕命によりエトロフ等に船着き場を作る工事にもかかわり、築港の工事専用船を設計して湊を完成させた。
 享和2年(1802)、幕府はその功労を賞し、工楽(工夫を楽しむの意)の姓を与えた。高砂港の工事については、ブログ「第47回姫路城」で紹介している、

菜の花の沖』では、高田屋嘉兵衛が工楽松右衛門を生涯の師として、技術・人格共に深く信頼していることを魅力的に描かれている。     
司馬遼太郎がこの『菜の花の沖』を執筆する前、工楽さんのお父さん(6代目)に松右衛門についていろいろ話も聞かれたという。

f:id:chopini:20201215103008p:plain
 工楽隆三さんは、加賀市で開催されている「全国北前船セミナー」や「北前船寄港地フォーラム」に参加される等北前船の研究家でもある。

 最後のゲスト高田耕作さんは、洲本市の「高田屋嘉兵衛翁顕彰会」の元理事長です。
 高田耕作さんの先祖は高田家の本家で、嘉兵衛はその分家で淡路島の瀬戸内海側の都志浦の海辺の河口の近くで育っている。
 
 5歳位の頃、潮の干満で川が逆流する疑問を納得するまで大人に問うなど嘉兵衛の異才ぶりを語っている。
 漁師の手伝いから22歳の時、叔父の堺屋喜兵衛を頼って兵庫津に渡り、船乗りから1500石の辰悦丸を持ち北海道で活躍する。     f:id:chopini:20201215103058p:plain
 
高田屋嘉衛顕彰館で(2017.3)
この辰悦丸は、東洋一の吊り橋・大鳴戸橋の完成記念「くにうみの祭典 淡路・愛ランド博」で展示する為に1986年淡路島で復元された。
 
 この復元された辰悦丸は、江差の方から淡路から江差間の航海の提案があり
「百年の時空を超えて北前船は帆走る」を企画し、20の寄港地2500キロメートルの航海が実現した。
 
 高田耕作さんは、兵庫県政150周年協賛事業「兵庫津の歴史を語る」等数多く講演をされ、北前船寄港地フォーラム江差(2016年11月)でも、嘉兵衛を語っている。
f:id:chopini:20201215103131p:plain
 中央が高田耕作さん 筆者 赤穂市会議員の奥藤隆裕さん 

 その前夜祭の函館で石川好、北前船寄港地フォーラム議長が、「2017年度の最初のフォーラム開催地淡路は嘉兵衛の出身地で、司馬遼太郎は嘉兵衛が一番好きだった」と紹介していた。